土佐まるごとビジネスアカデミー

Language

土佐MBAとは

HOME > 土佐MBAとは

更新日 : 2018/08/22


土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)とは

土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)とは、ビジネスに関する基礎から応用・実践力まで、“まるごと”身につけていただける研修プログラムです。ビジネスを初めて学ぶ方から経営者層の方まで、それぞれのニーズに合わせて受講していただけます。


ようこそ!土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)へ

尾崎知事
知事

 土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)は、開講7年目を迎えることになりました。これまで、累計の受講者数はのべ14,000名を越えるなど、多くの皆さまが受講され、それぞれのビジネスや地域の活性化に力を発揮されています。
 第3期となる県産業振興計画も折り返しの年を迎え、近年、一人当たりの県民所得の成長率が国を上回るペースで推移するなど、県経済に明るい兆しが見えてまいりました。2018年度は、こうした県勢浮揚に向けた動きを将来にわたって確かなものとしていくために、本県経済発展の礎となる「人」が大いに活躍できるよう、土佐MBAもさらに充実をいたしました。
 土佐MBAは、受講者のニーズにより対応したカリキュラム編成としたほか、初めて”商人塾短期集中セミナー”を幡多地域で開催します。また、近年、本県でも集積が進んできた情報関連産業の人材育成を目指して、新たに「IT・コンテンツアカデミー」のプログラムも開始いたします。
 これらの講座では、知識やスキルの向上に役立てていただけるとともに、地域や業種を超えた受講者同士のネットワークを築くこともできます。ぜひ多くの皆様に土佐MBAを受講していただき、産業の振興と地域活性化の取組に加わっていただきたいと思います。


2018 土佐MBAの特徴


1.充実したプログラムで実践的な力が身につく

・経営大学院のカリキュラム(MBA)を参考に、本県企業のニーズに合わせた充実のプログラムです。
・明日から役立つビジネス力を身につけることができます。


2018土佐MBAは、「本科」「実科」「専科」の3科構成です。

土佐MBAパンフレット(PDF:5.94MB)

<本科>
本科では、経営に関する知識を基礎から応用までひととおり学ぶことができます。

●入門講座・基礎講座
経営に必要な基礎知識を体系的に学ぶことができるよう、7つのコースに分かれています。
◎経営戦略コース ◎マーケティング・商品開発コース ◎会計コース ◎財務戦略コース ◎情報ビジネスコース 
◎組織・人的資源マネジメントコース ◎事業管理コース

●応用講座「エグゼクティブコース」

●スキルアップセミナー
ビジネスに役立つスキルを身につける、1講座完結の講座。1講座から受講可能です。

●ビジネストレンドセミナー
経済界で旬な話題にスポットを当てて、今を学ぶ1講座完結の講座。1講座から受講可能です。

<実科>
ビジネスに必要な基礎知識とともに、学びを実ビジネスにつなげるための講座です。
◎土佐経営塾 ◎目指せ!弥太郎商人塾 ◎社内起業家(イントラプレナー)育成支援講座 ◎商人塾短期集中セミナーin幡多 ◎新事業創出講座
・1講座複数回のセッションを開催し、より実践的なビジネスを学びます。

<専科>
専科は、各分野の専門機関が実施する、より専門的な知識や技術を学ぶための講座です。

MBAの構成

2.社会人も学びやすい柔軟な仕組み

・平日昼間だけでなく、夜間や休日も開講しています。
・それぞれの生活スタイルに合わせた受講が可能です。
・コース受講がお勧めですが、ニーズに合わせ、1講座から受講していただくことも可能です。


3.自宅や会社が教室になる

・教室での受講のほか、インターネットを活用し、リアルタイム配信と録画配信の2つの方法で受講できます。 (※対応していない講座もありますので、ご注意ください)

<リアルタイム配信>
サテライトプラットフォーム(通称「サテプラ」)
・インターネットのリアルタイム配信です。
・パソコンとネット環境があれば、どこでも受講可能です。
・実際の講義とリアルタイムで進行し、講師とのやりとりもできる、臨場感ある受講スタイルです。

<録画配信>
・インターネットの録画配信です。
実際の講座が終了後、年度末まで、録画映像で講座を視聴できます。
・パソコンとネット環境があれば、いつでも、どこでも受講可能です。
・講座の開催時に都合のつかない方、教室で受講後に復習をしたい方など、時間や場所にかかわらず受講できる、自由度の高い受講スタイルです。


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP