高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

国際シンポジウム『IoPが導くNext次世代型施設園芸への進化』

HOME > 国際シンポジウム『IoPが導くNext次世代型施設園芸への進化』

更新日 : 2019/03/06
開催日 : 2019/03/16
時間 : 高知大学朝倉キャンパス共通教育2号館212番教室


 2019年3月16日(土)、高知大学 朝倉キャンパスにて国際シンポジウム『IoP(Internet of Plants)が導くNext次世代型施設園芸への進化』を開催いたします。
 このたび高知県は、内閣府(平成30年度地方大学・地域産業創生交付金)産学官プロジェクト『“IoP(Internet of Plants)”が導く「Next次世代型施設園芸農業」への進化(以下「IoPプロジェクト」という)』に採択されました。
 この事業は、農業分野において政府が掲げる「Society5.0」を実現し、園芸農業生産性日本一を誇る高知県の施設園芸農業の地位を確固たるものとするため、全国に先駆けてオランダの最先端技術を取り入れて普及を開始した「次世代型施設園芸システム」を、多様な園芸作物の生理・生育情報のAIによる可視化と利活用を実現する「IoP(Internet of Plants)」等の最先端の研究により、「Next次世代型」として飛躍的に進化させるものです。
 これらIoPプロジェクトの研究内容・研究成果等について、高知県の農業振興・産業振興に関わる関係団体等への周知・共有を通じ、IoPプロジェクトへの理解とNext次世代型施設園芸農業への進化の気運の醸成を図り、若者が夢や希望を叶えることができる持続可能な産業として飛躍的な発展を目指すとともに、その取り組みを高知県から世界へ発信していくため「IoP国際シンポジウム」を開催します。


iopsinpojiumu_裏面 iopsinpojiumu_表面

チラシ(PDFファイル:2.18MB)



Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。



PAGE TOP