高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

土佐MBA番外編 SDGsカードゲーム

HOME > 土佐MBA番外編 SDGsカードゲーム

更新日 : 2022/01/18

時間 : 1/17 13:30~17:00
講師 : 高知県産学官民連携センター 事業創出アドバイザー 乾 京子 氏
開催場所 : ココプラ


トップ画

土佐MBA 番外編 「SDGsカードゲーム」

「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」

「SDGsがあることによってどんな変化や可能性があるのか」

楽しみながら学んでみませんか?


カードゲーム「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」は、SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。
「SDGsという言葉を聞いたことがあるけど、内容がいまいち良くわからない」という方でも、ゲームが持つとっつきやすさと面白さで知らず知らずのうちに熱中し、楽しみながらSDGsの本質を理解することができます。


日時


令和4年1月17日(月)13:30~17:00


こんな方におすすめ


・SDGsに興味はあるが、その内容や意味がよく分からないという方
・SDGsについて、気軽に楽しみながら理解したい方
 その他、業種・職種・年代など関係なくご参加いただけます。学生さんのご参加も大歓迎!
※SDGsを社内に普及、浸透させるための研修としてもご活用いただけます。


概要


<SDGs>
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

<SDGsカードゲーム>
カードゲーム「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」はSDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。
さまざまな価値観や違う目標を持つ人がいる世界で、我々はどうやってSDGsの壮大なビジョンを実現していくのかを、ゲームによって体験します。
「SDGsという言葉は聞いたことがあるけど、内容がいまいち良く分からない」という方でも、ゲームが持つ取っつきやすさと面白さで知らず知らずのうちに熱中し、楽しみながらSDGsの本質を理解することができます。
カードゲーム「2030SDGs」の紹介  https://imacocollabo.or.jp/games/2030sdgs/


SDGsカードゲームチラシ(PDF:691KB)


参加費


無料


定員


30人


申込締切


令和4年1月14日(金)


講師


OFFICE INUI代表(中小企業診断士)
高知県産学官民連携センター 事業創出アドバイザー
イマココラボ公認ファシリテーター
乾 京子 氏


会場


高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟4階 多目的ホール

780-8515 高知市永国寺町6番28号

● 会場併設の駐車場(無料)をご利用いただけます。
地図内↓の入場ゲートよりお入りください。入場ゲートより右手側のスペースが「ココプラ」の来客者用駐車場となっていますので、ご利用ください。(左手側のスペースは大学教職員用駐車場ですので、駐車しないでください。)
ただし、数に限りがありますので、満車の場合は、周辺の有料駐車場をご利用くださいますようお願いします。


地図

新型コロナウイルス感染症対策 ご協力のお願い


●発熱や咳・喉の痛みなど体調不良の症状がある時は、来場をご遠慮ください。
●ご来場の際は、マスクの着用をお願いします。



Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP