高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

産学官民連携事例のご紹介

HOME > 産学官民連携事例のご紹介

更新日 : 2020/12/01


産学官民連携

高知県では、県内の大学・短期大学・高等専門学校のほか関係機関と協力して、企業や事業者のビジネス展開や地域づくりなど、幅広く産学官民の連携を支援しています。


高知工科大学

「MARIMO(金属酸化物ナノ粒子の多孔球状)構造体」の大量合成法の確立

宇治電化学工業株式会社と高知工科大学が、平成25年から高知県産学官連携産業創出研究推進事業などの支援を受け共同研究を行い、
「MARIMO(金属酸化物ナノ粒子の多孔球状)構造体」の大量合成法を確立しました。
この「MARIMO」を活用し、YAMAKIN株式会社が接着力の強い歯科接着剤を開発、令和2年6月から発売しています。


高知大学

液状化対策型耐震性貯水槽 UN-FLOAT40(アンフロート40)の開発

新高知重工株式会社と高知大学 教育研究部 原 忠 教授、国立研究開発法人防災科学技術研究所が平成28~29年度に共同研究を行い、
地盤が液状化しても浮上しない「液状化対策型耐震性貯水槽」を開発しました。
特許も共同出願(特開2018-150772「地下構造物の液状化対策構造物」)し、新高知重工株式会社の防災対策商品として、
平成30年度第1回「高知県防災関連製品認定制度」に認定されています。



\ご相談は高知県産学官民連携センター「ココプラ」へ!/

ココプラでは、県内の大学等の産学官民連携に携わるコーディネーターや、

経営コンサルタント・中小企業診断士など民間のアドバイザー、ココプラスタッフが、

新たな事業展開や研究開発に関する相談を受け、大学等の研究者や関係機関との橋渡しを行っています。

相談を希望される方は、ココプラまでお気軽にお問い合わせください。

 

TEL:088-821-7111(平日8:30~17:15) E-mail: info@kocopla.jp

 

PAGE TOP