高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

令和元年度 第1回シーズ・研究内容紹介

HOME > 令和元年度 第1回シーズ・研究内容紹介

更新日 : 2019/05/17
開催日 : 2019/05/15
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知大学 地域協働学部地域協働学科 藤岡 正樹 講師
開催場所 : ココプラ



令和元年度 第1回シーズ・研究内容紹介TOP画像

高知県 産学官民連携センター ココプラ で開催する「シーズ・研究内容紹介」では、高知県内5つの高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知学園短期大学、高知工業高等専門学校)および公設試験研究機関等が、研究内容や取組等を紹介します。原則、隔週 水曜日 開催(原則18:30-20:00開催)。申込〆切は開催2日前の月曜日。定員36名(無料)。どなたでも参加可能です。
新しいビジネスの種(シーズ)や、研究機関との交流の機会をお探しの企業の皆さま、ぜひこの機会にご参加ください。

今後の開催予定日・講師・テーマはこちら(PDF:838KB)


日時


令和元年5月15日(水)18:30-20:00(PM6:30-PM8:00)


講師


高知大学 地域協働学部地域協働学科 講師

藤岡 正樹 氏

【プロフィール】

慶應義塾大学 博士(政策・メディア研究家)2005(修了)
2001年4月 東京工科大学メディア学部 非常勤講師
      (科目名「コンピュータ操作演習(1)」)(〜2001年8月)
2005年4月 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(訪問)(〜2007年3月)
2007年5月 株式会社イオタ 代表取締役(〜2012年9月)
2007年7月 東京工業大学 研究員(〜2015年3月)
2008年4月 日本体育大学 非常勤講師
      (科目名「情報機器の操作(情報処理)」)(〜2015年3月)
2014年5月 ユナイテッドグロース株式会社 代表取締役(〜2015年3月)
2015年4月より現職


テーマ


戦略的BCPがもたらす企業価値


テーマの概要(講師より)


防災対策を企業の社会的責任 (Corporate Social Responsibility: CSR)として捉えることも考えられますが、時間的、金銭的コストの増加は、中小零細企業にとっては致命傷と考えられ、また、収益を追求する営利企業にとっては、ステイクホルダーへの理解を得る必要もあり、積極的なBCP導入には至りません。
そこで、BCPを小さなWin-Winを生みだす収益構造の集合体として捉え直すことからはじめます。防災を企業が本来行うべき事業の収益改善活動として「見える化」することで、組織内での賛同を得やすくするだけでなく、関連組織との新たな関係を生み出す方法を考えます。また、闇雲に防災対策を行うのではなく、その企業の身の丈にあったBCPを戦略的に進めることで、企業価値を積極的かつ無理なく高めることを考えます。

●キーワード:BCP、防災、南海トラフ地震


特にこんな方にオススメ


・これからBCPを検討しようと考えている企業の皆さま
・これまでのBCPを改定しようと考えている企業の皆さま
・企業と協働して防災を推進しようとする組織の皆さま


定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


ココプラ地図

● 会場併設の駐車場(無料)をご利用いただけますが、数に限りがあります。
● 周辺に有料の駐車場もございますが、来場に際しては、公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。


申し込み締め切り


令和元年5月13日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。

令和元年度 第1回シーズ・研究内容紹介チラシ(PDF:485KB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP