高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

令和元年度第2回シーズ・研究内容紹介

HOME > 令和元年度第2回シーズ・研究内容紹介

更新日 : 2019/05/13
開催日 : 2019/05/29
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知工科大学 環境理工学群/総合研究所 物質創成工学研究センター 伊藤 亮孝 講師
開催場所 : ココプラ



第2回シーズ・研究内容紹介TOP画像

高知県 産学官民連携センター ココプラ で開催する「シーズ・研究内容紹介」では、高知県内5つの高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知学園短期大学、高知工業高等専門学校)、公設試験研究機関等が持ち回りで、研究内容や取組等を紹介します。原則、隔週 水曜日 開催(原則18:30-20:00開催)。申込〆切は開催2日前の月曜日。定員36名(無料)。どなたでも参加可能です。
新しいビジネスの種(シーズ)や、研究機関との交流の機会をお探しの企業の皆さま、ぜひこの機会にご参加ください。

今後の開催予定日・講師・テーマはこちら(PDF:838KB)


日時


令和元年5月29日(水)18:30-20:00(PM6:30-PM8:00)


講師


高知工科大学 環境理工学群/総合研究所 物質創成工学研究センター 講師

伊藤 亮孝 氏

【プロフィール】

北海道大学理学部化学科卒業(2005年) 
北海道大学大学院理学研究科化学専攻 博士前期(修士)課程修了(2007年)
北海道大学大学院理学院化学専攻 博士後期課程修了(博士(理学))(2010年)
北海道大学大学院理学研究院化学部門 博士研究員(2010年〜)
米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校化学科 博士研究員(2011年〜)
大阪市立大学理学部化学科 助教(2013年〜)
高知工科大学環境理工学群 講師(2016年〜)


テーマ


光と分子で織りなす科学 〜新規光機能材料の開発〜


テーマの概要(講師より)


 物質が可視光を吸収・放出すると、私たちには色がついたり光って視えます。普段目にするインクやテレビ、スマートフォンのディスプレイなどは、これらの現象を利用して私たちに様々な視覚情報を与えてくれているのです。
物質による光の吸収や放出についてよく知ることで、望みの色あいや強さ(濃さ)をもつ色素や有機ELなどの発光デバイスを創り出すことができます。さらに光吸収をきっかけとして何らかの反応をうまく起こしてやると、太陽電池や人工的な光合成反応といった吸収した光エネルギーの別種のエネルギーへと変換するシステムなどに利用できます。
本発表では、私たちが取り組んでいる様々な光吸収・発光物質や、「目に視える」という特徴を活かした新しい機能材料の開発について紹介します。

●キーワード:発光材料、色素・染料、光-エネルギー変換


特にこんな方にオススメ


・化学関連の企業・団体の皆さま
・色素や塗料に関連する企業・団体の皆さま
・色がついていたり光るものに興味がある方


定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


ココプラ地図

● 会場併設の駐車場(無料)をご利用いただけますが、数に限りがあります。
● 周辺に有料の駐車場もございますが、来場に際しては、公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。


申し込み締め切り


令和元年5月27日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。

第2回シーズ・研究内容紹介チラシ(PDF:832KB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP