高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成30年度第18回シーズ・研究内容紹介「飲み水は飲める水?」

HOME > 平成30年度第18回シーズ・研究内容紹介「飲み水は飲める水?」

更新日 : 2019/01/07
開催日 : 2019/01/30
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知県立大学 健康栄養学部 小林 淳 教授
開催場所 : ココプラ



第18回シーズ・研究内容紹介TOP画像

高知県 産学官民連携センター ココプラ で開催する「シーズ・研究内容紹介」では、高知県内5つの高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知学園短期大学、高知工業高等専門学校)、公設試験研究機関等が持ち回りで、研究内容や取組等を紹介します。原則、隔週 水曜日 開催(原則18:30-20:00開催)。申込〆切は開催2日前の月曜日。定員36名(無料)。どなたでも参加可能です。                           新しいビジネスの種(シーズ)や、研究機関との交流の機会をお探しの企業の皆さま、ぜひこの機会にご参加ください。

今後の開催予定日・講師・テーマはこちら(PDF:370KB)


日時


平成31年1月30日(水)18:30-20:00(PM6:30-PM8:00)


講師


高知県立大学 健康栄養学部

小林 淳 教授

【プロフィール】

1989年 東邦大学薬学部卒業
1991年 東邦大学大学院薬学研究科修士課程修了
1994年 金沢大学大学院自然科学研究科生命科学専攻修了
1994年 国立公衆衛生院 研究生(1年)
1995年 金沢大学医学部付属病院検査部 衛生検査技師(4年)
1999年 金沢大学医学部保健学科検査技術科学専攻 助手(8年)
2007年 順天堂大学医学部 助教(4年)
2011年 日本獣医生命科学大学獣医学部獣医保健看護学科 講師(6年半)
2018年後期より現職


テーマ


飲み水は飲める水?


テーマの概要(講師より)


日本の場合、水や空気はタダという考え方が昔はありました。しかし大気の汚染が深刻化し、水も水道水をそのままで飲むことは少なく浄水器を通したり、場合によってはペットボトルで買ったものを飲むという時代に突入しています。
今回の講演では”飲料水”を取り上げます。水を口に入れないで生活できている人は世の中にはいないのではないでしょうか? 水は飲まないという方でも、歯磨きや薬の服用に水を使用していると思います。飲み水としてすぐに思いつくものに水道水やペットボトルの水が挙げられると思いますが、それ以外の水は飲み水として不適なのでしょうか?井戸水や海外のホテルの水は安全?そんな疑問にお答えできればと思っています。
こちらからの知識供与だけでなく、聴講者からの意見も歓迎します。

●キーワード:飲料水、水道水、ミネラル水


特にこんな方にオススメ


・環境問題に興味のある学生
・飲み水の安全・安心に興味をお持ちの方
・水の味にこだわりのある方


定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


ココプラ地図

● 会場併設の駐車場(無料)をご利用いただけますが、数に限りがあります。
● 周辺に有料の駐車場もございますが、来場に際しては、公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。


申し込み締め切り


平成31年1月28日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。

第18回シーズ・研究内容紹介チラシ(PDF:893KB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP