高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

第4回ビジネストレンドセミナー テーマ「人生100年時代のビジネス」*録画配信申し込み受付中!*

HOME > 第4回ビジネストレンドセミナー テーマ「人生100年時代のビジネス」*録画配信申し込み受付中!*

更新日 : 2018/12/04
開催日 : 2018/11/30
時間 : 14:00-16:00
講師 : 株式会社ニッセイ基礎研究所 主任研究員(東京大学高齢社会総合研究機構 客員研究員) 前田 展弘 氏
開催場所 : 永国寺キャンパス地域連携棟4階 多目的ホール


ビジネストレンドセミナーとは

社会、経済、市場、人の動き。刻々と変化する情勢をジャストタイムにとらえ、的確に対応することがビジネス成功への鍵です。このセミナーではこれからの地方、日本、そして世界が向かう方向や将来など、長い目で見た大きなトレンドをつかんでいただくことも含め、ビジネスに関わる情勢の移り変わり、直近の政策や最新のテクノロジーなど、環境の変化に関する最新の情報、知見を各界の第一人者からお届けします。1講座完結で、全5回シリーズで開催。


日時


2018年11月30日(金)14:00〜16:00(開場 13:30)


内容


講演 「人生100年時代のビジネス 〜求められる高齢者市場の開拓視点とは〜」

 

人生100年時代の到来。長寿化、高齢化が進む日本の未来に向けて、産業界はどのような方向に向かうべきでしょうか?どこにビジネスチャンスが期待できるのでしょうか。このことを見つけるには、人生100年時代の到来を含めた「未来社会の変化」と、延長した人生期間である「高齢期の実態」を正しく理解する必要があります。
本講演では、超高齢未来を展望した上で、高齢者の生活課題とニーズを明らかにし、人生100年を支える市場のあり方、高齢者市場の開拓視点について、近年の市場動向を含めてお話します。

 

●講師:

株式会社ニッセイ基礎研究所 主任研究員
(東京大学高齢社会総合研究機構 客員研究員)
前田 展弘(まえだ のぶひろ) 氏

 

●講師プロフィール:

1971年生まれ(47歳)。2004年ニッセイ基礎研究所入社後、2009年より東京大学高齢社会総合研究機構 客員研究員。専門はジェロントロジー(高齢社会総合研究)。人生100年時代をより良く生きていける未来社会の実現に向けて、行政・企業・生活者とつながりながら、高齢期の生活課題及び高齢社会の課題の解決に向けた幅広い研究及び事業を展開。東京大学の産学連携組織を運営し、100社以上の企業とシルバーイノベーションに向けた共創活動も行ってきている。

<委員会等>
内閣官房「一億総活躍社会/意見交換会」招聘(2015年度)
財務省財務総合政策研究所「企業の投資戦略に関する研究会」招聘(2016年度)
財務省財務総合政策研究所「高齢社会における選択と集中に関する研究会」委員(2013年度)
東京都庁「東京のグランドデザイン検討委員会」招聘(2015年度)
神奈川県庁「かながわ人生100歳時代ネットワーク」委員・WG座長(2017-18年度)など

<資格>
MBA、高齢社会エキスパート(特別認定者)

<著書>※いずれも共著
『東大がつくった高齢社会の教科書』、東京大学出版会、2017年
『2025年の日本〜破綻か復活か』、勁草書房、2016年
『2050年超高齢社会のコミュニティ構想』、岩波書店、2015年
『持続可能な高齢社会を考える』、中央経済社、2014年 など
 

☆ 第4回ビジネストレンドセミナーは、ネット配信いたします!☆

録画した講義内容をネット配信する、録画配信(平成31年3月31日まで)をご利用いただけます。
録画配信をご希望の方は、下記リンクより申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、下記「お申込先」まで、メールまたはFAXでお送りください。

第4回ビジネストレンドセミナー 録画配信申込書(Word:14KB)

<お申込先>
高知県産学官民連携センター「ココプラ」
FAX:088-821-7112
E-Mail: info@kocopla.jp


定員


50名


参加費


無料


場所


高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス
地域連携棟4階 多目的ホール
(高知市永国寺町6-28)

地図

● 会場併設の駐車場(無料)をご利用いただけますが、数に限りがあります。
● 周辺に有料の駐車場もございますが、来場に際しては、公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。


第4ビジネストレンドセミナー チラシ(PDF:1.45MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP