高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成29年度 第3回経営者トーク「土佐和紙の力で生活を豊かに彩ります−土佐和紙が憧れのブランドのフェイスマスクシートに選ばれました!−」

HOME > 平成29年度 第3回経営者トーク「土佐和紙の力で生活を豊かに彩ります−土佐和紙が憧れのブランドのフェイスマスクシートに選ばれました!−」

更新日 : 2017/06/21
開催日 : 2017/07/21
時間 : 18:30-20:00
講師 : 株式会社 三彩 代表取締役 鈴木 佐知代 氏
開催場所 : ココプラ


 高知県内の経営者を講師に招き、創業のエピソードや企業の強み、今後の事業展開等を紹介していただきます。講師と参加者との意見交換やアイデア出しを通じて、参加者の皆さんに気づきやきっかけを提供するものとして開催しています。
 原則、毎月第3金曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時


平成29年7月21日(金)18:30-20:00


講師


株式会社 三彩 代表取締役 鈴木 佐知代 氏


タイトル


土佐和紙の力で生活を豊かに彩ります
   −土佐和紙が憧れのブランドのフェイスマスクシートに選ばれました!−


概要(講師より)


 三彩は土佐和紙の力により幸せをお届けするために創業した会社です。千年の紙の町土佐市高岡町から和紙を活かした化粧品、調理用品、衛生用品を通じて、生活に「3つの彩」をお届けしています。
 また、三彩の所属する三和製紙グループは素材から製品まで一貫生産している国内でも唯一の企業グループです。
 三彩は、土佐和紙の歴史や自社グループのモノづくりをお伝えするために、生活者として意識の高い女性達が起業しました。夢は大きく、自社ブランドを全国区に育てることです。そのために、展示会への出展やイベントを企画し、新たな出会いを通じてのファンづくりにチャレンジしています。まだまだスタートラインに立ったばかりですが、「りぐる」や「mizukami」などのブランドも育ってきました。土佐和紙の可能性を広げるモノ・コトづくりを通じてお客様に笑顔をお届けし続けたいと願っています。


講師プロフィール


神戸大学経営学部卒業後、三和製紙株式会社、専業主婦、三昭紙業式会社を経て、平成24年、株式会社三彩設立。

<講師より>和紙作りの家に生まれ、和紙が大好きで、生活紙としての土佐和紙を通じて幸せをお届けすることが喜びです。


定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ 交流スペース

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


地図

申し込み締め切り


平成29年7月19日(水)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


平成29年度 第3回経営者トークチラシ(PDF:1.49MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP