高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成29年度 第3回シーズ・研究内容紹介「高知県工業技術センターの取組」

HOME > 平成29年度 第3回シーズ・研究内容紹介「高知県工業技術センターの取組」

更新日 : 2017/06/14
開催日 : 2017/06/07
時間 : 15:30-17:00
講師 : 高知県工業技術センター
開催場所 : ココプラ


高知県 産学官民連携センター ココプラ で開催する「シーズ・研究内容紹介」では、高知県内5つの高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知学園短期大学、高知工業高等専門学校)、公設試験研究機関等が持ち回りで、研究内容や取組等を紹介します。原則、隔週 水曜日 開催(毎月第1回開催分は15:30-17:00、それ以外は18:30-20:00開催)。申込〆切は開催2日前の月曜日。定員36名(無料)。どなたでも参加可能です。                           新しいビジネスの種(シーズ)や、研究機関との交流の機会をお探しの企業の皆さま、ぜひこの機会にご参加ください。

今後の開催予定日・講師・テーマはこちら(PDF:1.25MB)


日時


平成29年6月7日(水)15:30-17:00(PM3:30-PM5:00)


講師とテーマ

テーマ【1】過酸化水素を用いた生シラス洗浄技術開発

講師:高知県工業技術センター 食品開発課 主任研究員 竹田(たけだ) (なる)() 氏

テーマ概要:

 シラス加工品(ちりめん、シラス干し等)は、生シラスを塩水で茹でた後、乾燥し製造していますが、水分含量が多いため、微生物による品質劣化が速く、製品が日持ちしません。微生物を減らすためには洗浄や加熱が有効ですが、組織が脆弱な生シラスは、物理的に強い洗浄や長時間の加熱をすると身崩れしてしまうため、水ですすぐ程度の洗浄と短時間の加熱しかできません。そこで、水ではなく消毒・殺菌に用いられている過酸化水素で生シラスを洗浄することによって、製品の菌数を減少させ、以前より日持ちできるようになりました。その技術について、紹介します。

こんな方にオススメ  ▶ 食品加工事業者、漁業関係者、食品流通・販売関係者の皆さま

テーマ【2】CAE技術とその応用実例

講師:高知県工業技術センター 生産技術課 主任研究員 村井(むらい) 正徳(まさのり) 氏

テーマ概要:

CAEとは、Computer Aided Engineering(計算機支援工学)の略で、様々な現象を計算機上で再現する解析技術を使って製品の設計を行う手法、又はそのためのツールを表す言葉です。今回は、解析技術としてよく用いられる有限要素法について簡単に説明し、重要な部分が分かりやすいように単純化したモデルで、実例を紹介します。構造物の強度を求める構造解析の例として、設計時に注意が必要な応力集中が発生したものを取り上げます。

こんな方にオススメ  ▶ 自社製品の高性能化や軽量化、信頼性向上を目指している企業の皆さま

テーマ【3】ケミルミネッセンスを利用した食品の賞味期限設定

講師:高知県工業技術センター 資源環境課 チーフ 遠藤(えんどう) (やす)(のり) 氏

テーマ概要:

 食品の分析項目では非常に煩雑で試験時間の長い試験や分析者によって結果の不確かさが大きくなる試験があります。特に油脂を用いた食品の劣化指標となる酸価や過酸化物価は、再現性のある値が求めにくいことから実状に沿った試験結果が得られないことがあります。そこで、公定法では評価しづらかった油脂食品の賞味期限評価について、ケミルミネッセンス分析を用いて発行量を評価してみたところ、再現性のある結果が得られ、賞味可能と判断できることが分かりましたので、紹介します。

こんな方にオススメ  ▶菓子製造業(ビスケット、芋ケンピ等油脂食品企業)の皆さま



定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)

ココプラ地図

● 会場併設の駐車場(無料)をご利用いただけますが、数に限りがあります。
● 周辺に有料の駐車場もございますが、来場に際しては、公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。


申し込み締め切り


平成29年6月5日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。


第3回シーズ・研究内容紹介チラシ(PDF:1.25MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP