高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成29年度 第2回経営者トーク「「ちょっと」した困りごとを解決して社会に役だてる企業を目指して」

HOME > 平成29年度 第2回経営者トーク「「ちょっと」した困りごとを解決して社会に役だてる企業を目指して」

更新日 : 2017/06/19
開催日 : 2017/06/16
時間 : 18:30-20:00
講師 : 有限会社 創友 代表取締役 宮崎 洋一 氏
開催場所 : ココプラ


 高知県内の経営者を講師に招き、創業のエピソードや企業の強み、今後の事業展開等を紹介していただきます。講師と参加者との意見交換やアイデア出しを通じて、参加者の皆さんに気づきやきっかけを提供するものとして開催しています。
 原則、毎月第3金曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時


平成29年6月16日(金)18:30-20:00


講師


有限会社 創友 代表取締役 宮崎 洋一 氏

※ココプラのホームページのシステム上、「崎」と変換されますことをご容赦ください。


タイトル


「ちょっと」した困りごとを解決して社会に役だてる企業を目指して〜土木業界から「子どもの弱視」を減らす夢にチャレンジ〜


概要(講師より)


 当初は土木設計コンサルタント。その後は、隙間をねらって現場で「ちょっと」した困りごとを解決できる コンクリート二次製品等の開発から企画販売を主な事業としています。平成18年からはTOCを学びCCPMを活用した経営支援コンサルタント(建設業)も開始、平成23年から「持ち方鉛筆」の開発から販売までの支援を行い、その延長上で平成26年からは「幼児が容易にできる視力検査機器」の製品化の取組みを行っています。
 会社設立から17年間、業務内容・製品を変化させながらの現在までの紆余曲折の取り組みについてお話しすると共に、コンサルタントの視点からTOC理論の活用、「目的」を決めた「ワクワク」するプロジェクトは良い結果になる可能性が高くなる人間特性等の理由、また、異業種の「幼児の視力測定機器」に進出についてお話しします。
 


講師プロフィール


昭和34年生まれ、工業高校卒業。
地質調査会社に1年勤務後、九州測量専門 学校卒業、昭和55年に株式会社第一コンサルタンツに入社して測量・設計を行う。
平成12年に有限会社創友を設立し、土木商品(コンクリート二次製品)の開発から企画販売、平成18年から建設会社向けの経営コンサルタント。
平成26年から幼児向けの視力測定機器の製品化を進めている。


定員


36名


場所



高知県産学官民連携センター ココプラ 交流スペース

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)

地図

申し込み締め切り


平成29年6月14日(水)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


平成29年度 第2回経営者トークチラシ(PDF:1.4MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP