高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成28年度 第26回シーズ・研究内容紹介「異分野への展開が期待される新しい機能紙創製技術」

HOME > 平成28年度 第26回シーズ・研究内容紹介「異分野への展開が期待される新しい機能紙創製技術」

更新日 : 2016/12/26
開催日 : 2017/01/25
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知大学 市浦 英明 准教授
開催場所 : ココプラ


「シーズ・研究内容紹介」では、高知県内5つの高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知学園短期大学、高知工業高等専門学校)、公設試験研究機関等が持ち回りで、研究内容や取組等を紹介します。
 毎週水曜日18:30〜20:00開催(原則毎月第2水曜日を除く)。申込〆切は開催2日前の月曜日。定員36名(無料)。どなたでも参加可能です。お気軽にご参加ください。

今後の開催予定日・講師・テーマはこちら(PDF:1.26MB)


日時


平成29年1月25日(水)18:30-20:00


講師


高知大学 農林海洋科学部 農林資源環境科学科 市浦 英明(いちうら ひであき) 准教授


テーマ


異分野への展開が期待される新しい機能紙創製技術


テーマの概要(講師より)


 紙は、書く・拭く・包むの3機能を有しています。また、紙は種々の機能成分を定着できる担体としても利用可能です。我々の研究は、この紙の特徴を生かし、機能材料を紙に定着させ、紙に新しい機能を付与することを最大の目的としています。
 本講演では、紙の新しい複合化技術である紙表面上で機能材料を合成する技術を活用した機能紙創製技術とその応用展開、温度や体内成分に応答して機能発現する環境応答性を有すインテリジェント機能紙、さらに、イオン液体を活用した紙の機能化手法とその応用展開について紹介します。過去の研究に加え、最新の研究についても紹介させて頂き、参加者の皆様にお役に立てれば、幸いです。

●講師が過去に行った、もしくは現在行っている産学官連携の事例:
・紙おむつリサイクルの研究
・防虫紙に関する研究
・湿潤紙力に関する研究

●キーワード:紙の機能化、インテリジェント材料、環境浄化シ―ト


特にこんな方にオススメ


・紙パルプ関連企業の皆さま
・機能材料関連企業の皆さま


定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)

ココプラ地図

● 会場併設の駐車場(無料)をご利用いただけますが、数に限りがあります。
● 周辺に有料の駐車場もございますが、来場に際しては、公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。


申し込み締め切り


平成29年1月23日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。


第26回シーズ・研究内容紹介チラシ(PDF:1.18MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP