高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

「第2回高知を盛り上げるビジネスプランコンテスト」審査結果発表

HOME > 「第2回高知を盛り上げるビジネスプランコンテスト」審査結果発表

更新日 : 2016/11/07


 平成28年10月29日、株式会社オルトプラスと高知県との連携、協力事業の1つとして「第2回高知を盛り上げるビジネスプランコンテスト」を行い、入賞チームが選ばれましたので、以下のとおり審査結果を発表します。

写真

「第2回高知を盛り上げるビジネスプランコンテスト」審査結果

  • 最優秀賞

井川愛氏「港のネコとおばあちゃんプロジェクト」

(ビジネスプラン概要)
港町(中土佐町)で猫の健康おやつの製造・販売を行い、猫と人が活きる町を創る事業
(講評)
地元の方々を中心にたくさんの応援団がいるので、良いビジネスを創っていけるという期待があり、今回「最優秀賞」に輝きました。
審査員からは、今後ビジネスを進めていくにあたり解決しなければならない問題はありますが、応援団と共にそうした課題も解決して取組んでいってもらいたいという意見が出されました。

  • 優秀賞

たけまさ商店「大正元年創業の宗田節工場見学・体験ツアー」

(ビジネスプラン概要)
伝統産業を身近に感じ、歴史や技術・食文化を学んで、見学・体験するツアー商品を企画・実行する事業
(講評)
既存のビジネスに付加価値をつけて新しいビジネスをしていくという点が高く評価され、「優秀賞」を受賞されました。
審査員からは、今後はある程度の料金をお客さんからもらっても満足してもらえるようなビジネスにしていってもらいたい、また、周りの人の協力も得て、土佐清水全体を巻き込んで取り組んでいってもらいたいとう意見も出されました。

  • 優秀賞

有限会社 創友「3歳児から可能な視力検査方法の普及」

(ビジネスプラン概要)
三歳児健康診査、幼稚園・保育園の幼児が簡単に視力検査できる「キット」を提供する事業
(講評)
事業の目的として非常に意義がある取り組みであることが高く評価され「優秀賞」を受賞されました。
審査員からは、まずは高知県の各市町村や関係施設へ普及し、きちんとビジネスにしてもらいたいという意見が出されました。


<審査員>(敬称略)
高知県コンテンツ産業振興アドバイザー 武市 智行
高知大学 地域協働学部 講師 須藤 順
高知県産学官民連携センター事業創出アドバイザー 中小企業診断士 乾 京子
株式会社オルトプラス 代表取締役CEO 石井 武
高知県産学官民連携センター センター長 杉本 明



PAGE TOP