高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成28年度 第8回経営者トーク「「枯渇しない資源」が高知県の新たな未来を創り出す」

HOME > 平成28年度 第8回経営者トーク「「枯渇しない資源」が高知県の新たな未来を創り出す」

更新日 : 2016/12/13
開催日 : 2016/12/16
時間 : 18:30-20:00
講師 : 丸和林業グループ 代表取締役社長 北岡 幸一 氏
開催場所 : ココプラ


 高知県内の経営者を講師に招き、創業のエピソードや企業の強み、今後の事業展開等を紹介していただきます。講師と参加者との意見交換やアイデア出しを通じて、参加者の皆さんに気づきやきっかけを提供するものとして開催しています。
 原則、毎月第3金曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時


平成28年12月16日(金)18:30-20:00


講師


丸和林業グループ〔丸和林業株式会社〕 代表取締役社長 北岡 幸一(きたおか こういち) 氏


タイトル


「枯渇しない資源」が高知県の新たな未来を創り出す
   〜森林立県・高知県における林業の現状と課題について〜


概要(講師より)


 木は、苗木を植えれば、また木が育ち、永続的に供給が可能な「枯渇しない資源」です。日本は国土の約70%を森林が占める森林大国です。特に高知県は日本一の森林県です。森林は、水源のかん養、地球温暖化防止、生物多様性の保全などの多面的な機能を有しています。このような公的機能を持続的に発揮させる為に、森林を適切に整備・保全・活用する事は、我々に課せられた使命です。では活用するためにどうするか。我々がそこを考え、実現していくことが今、求められています。そして、活用できれば、木は無限に広がる可能性があります。資源が乏しい日本において、唯一の有望な資源である「木」を有効活用できる大きなチャンスが訪れています。

◆企業紹介

北は岩手から、南は沖縄まで、全国にグループ12社を形成し、主要取扱品目である木材チップ(製紙用・バイオマス燃料用)の製造工場は全国20工場。木材チップ業界では日本トップクラスのシェア。創業社長の言葉を借りれば、我々は「山の掃除屋」。いらなくなったものを山に残してくるのではなく、1本の木を無駄なく有効活用しています。


講師プロフィール


関東学院大学経済学部経営学科卒。平成12年、王子ホールディングス株式会社(旧・王子製紙株式会社)商社部門:子会社である王子通商株式会社へ入社。平成16年、同社退社の後、丸和林業株式会社へ入社。平成18年、同社取締役就任。平成19年、同社代表取締役就任。現在、丸和林業グループ12社の内、9社の社長を兼務。


定員


36名


場所



高知県産学官民連携センター ココプラ 交流スペース

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)

地図

申し込み締め切り


平成28年12月14日(水)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


平成28年度 第8回経営者トークチラシ(PDF:1.51MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP