高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成28年度 第3回経営者トーク「地方における職業教育の役割と心の経営」

HOME > 平成28年度 第3回経営者トーク「地方における職業教育の役割と心の経営」

更新日 : 2016/06/22
開催日 : 2016/07/15
時間 : 18:30-20:00
講師 : 学校法人龍馬学園 理事長 佐竹 新市 氏
開催場所 : ココプラ


 高知県内の経営者を講師に招き、創業のエピソードや企業の強み、今後の事業展開等を紹介していただきます。講師と参加者との意見交換やアイデア出しを通じて、参加者の皆さんに気づきやきっかけを提供するものとして開催しています。
 原則、毎月第3金曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時

平成28年7月15日(金)18:30-20:00


講師

学校法人 龍馬学園 理事長 佐竹 新市(さたけ しんいち)氏

佐竹新市氏画像

タイトル

地方における職業教育の役割と心の経営


概要(講師より)

 龍馬学園は本年創立30周年を迎え、3校約1,000名が在籍、社会人一般生向け講座には年間のべ4,600名が在籍する県内唯一の総合学園に成長することができました。また「龍馬学園教育グループ」として、園児数約350名のやまもも学園、ブックオフなど経営の四国文教サービス(有)、高知高等学院や人材派遣等のアールシステム(株)、介護付老人ホーム等全体で正規雇用で約250名、講師やパート・アルバイト含め約550名が「地域のために」をミッションとする仲間として働いています。そして龍馬学園の卒業生は11,000人、その8割が高知県内に就職をしており、高度な国家試験やコンテストで中四国・全国でもトップレベルの実績を学生が上げています。
 少子高齢化が進み将来の劇的な人口減が予測される中、地方経済のボリュームゾーンである人材の地元定着と、地方だからこそ必要とされる職業教育のあり方、後半は盛和塾代表世話人の経験から学園でも取り組んでいる、稲盛和夫氏の心の経営についてお話しします。


講師プロフィール

1962年兵庫県生まれ。麻布大学獣医学部卒業、大手百貨店の研究所、営業を経て、再度情報系の専門学校へ入学。1988年龍馬学園入社、2校の校長を経て2006年より理事長。学校法人やまもも学園、アールシステム株式会社、四国文教サービス(有)等グループ法人の役員も兼任。


定員

36名


場所

高知県産学官民連携センター ココプラ 交流スペース

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)

地図

申し込み締め切り

平成28年7月13日(水)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


平成28年度 第3回経営者トーク チラシ(PDF:1.48MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP