高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成28年度 第7回シーズ・研究内容紹介「工業技術センターの取組(ブンタンのカットフルーツ化、クラウド型電子案内板、県内植物の食品・香粧品開発)」

HOME > 平成28年度 第7回シーズ・研究内容紹介「工業技術センターの取組(ブンタンのカットフルーツ化、クラウド型電子案内板、県内植物の食品・香粧品開発)」

更新日 : 2016/06/07
開催日 : 2016/06/29
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知県工業技術センター
開催場所 : ココプラ


「シーズ・研究内容紹介」では、高知県内5つの高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知学園短期大学、高知工業高等専門学校)、公設試験研究機関等が持ち回りで、研究内容や取組等を紹介します。
 毎週水曜日18:30〜20:00開催(原則毎月第2水曜日を除く)。申込〆切は開催2日前の月曜日。定員36名(無料)。どなたでも参加可能です。お気軽にご参加ください。


日時


平成28年6月29日(水)18:30-20:00


テーマ【1】


「酵素で“一皮剥けた”商品開発 〜ブンタンのカットフルーツ化〜」

講師:高知県工業技術センター 食品開発課 森山 洋憲(もりやま ひろのり) チーフ

テーマの詳細:
土佐ブンタンは高知県特産果実のひとつです。爽やかな風味と独特の食感が特徴的であるものの、果皮が厚く、剥皮が煩雑であることが消費拡大に向けた課題です。一方で、酵素を用いた剥皮方法は、化学処理による従来法と比べ簡便で、かつ品質劣化を抑制できる果実加工方法とされています。この剥皮処理をブンタンに応用し、カットフルーツ化による消費拡大を目指した取り組みを紹介します。


テーマ【2】


「高機能情報提供システムに関する研究開発〜まるごと東部博における実証試験とクラウド型電子案内板の開発〜」

講師:高知県工業技術センター 生産技術課 今西 孝也(いまにし こうや)主任研究員

テーマの詳細:
IoT機器としてデジタルサイネージ(電子案内板)を開発し、高知家・まるごと東部博(平成27年開催)の拠点8箇所に設置し、観光情報を提供する実証試験を行いました。それを基に、4K動画コンテンツなどを各プレイヤーに配信できる機能、ネットワークが不安定でもコンテンツを正常に表示する機能等を新たに開発し、幡多地域の観光拠点15箇所、とさてらす(高知駅)、龍馬空港等に導入したので、報告します。


テーマ【3】


「健康食品・香粧品開発に向けた県内植物の探索〜抗アレルギー・抗老化機能について〜」

講師:高知県工業技術センター 資源環境課 鈴木 大進(すずき まさのぶ)研究員

テーマの詳細:
工業技術センターでは、県内に自生する未利用植物約300種について健康食品・化粧品としての素材探索を行ってきました。有用な機能性について評価した結果、これまでに美容関係の素材2種、ヘルスケア関係の素材8種について特許出願、出願準備中です。これらの候補素材以外にも、有用な機能性を持つ植物が隠れている可能性は高いです。今回は、化粧品評価として主流となりつつある抗老化、及び健康食品分野で成長を続ける抗アレルギー機能を新しい評価軸として加え、300種の未利用植物を再評価した結果について紹介します。


定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


申し込み締め切り


平成28年6月27日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。

第7回シーズ・研究内容紹介 チラシ(PDF:1.17MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP