高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成28年度 第3回シーズ・研究内容紹介「農業分野における障がい者就労と地域活性化〜行政・福祉施設・企業の連携〜」

HOME > 平成28年度 第3回シーズ・研究内容紹介「農業分野における障がい者就労と地域活性化〜行政・福祉施設・企業の連携〜」

更新日 : 2016/04/28
開催日 : 2016/06/01
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知県立大学 福間 隆康 講師
開催場所 : ココプラ


「シーズ・研究内容紹介」では、高知県内5つの高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知学園短期大学、高知工業高等専門学校)、公設試験研究機関等が持ち回りで、研究内容や取組等を紹介します。
 毎週水曜日18:30〜20:00開催(原則毎月第2水曜日を除く)。申込〆切は開催2日前の月曜日。定員36名(無料)。どなたでも参加可能です。お気軽にご参加ください。

H28年度「シーズ・研究内容紹介」一覧(PDF:212KB)


日時


平成28年6月1日(水)18:30-20:00


講師


高知県立大学 社会福祉学部 講師 福間 隆康 氏

講師

テーマ


農業分野における障がい者就労と地域活性化 〜行政・福祉施設・企業の連携〜


テーマの詳細


 農業は、地域の重要な産業として地域経済を担っているが、担い手の高齢化の進展に伴い労働力不足が生じており、農業労働力の確保が課題となっている。一方、福祉の分野では、動植物の飼育や栽培などの作業が心身を癒す機能を有しているとされ、園芸療法の取り組みが注目されている。また、近年では障がい者の自立を支援する観点から、新たな就業の受け皿として農業への期待が高まっている。
 今後、障がい者の雇用を促進するためには、福祉側の高い期待と農業側の高くない関心のギャップを埋める必要がある。そこで今回は、農業と福祉の連携により、地域を活性化している法人(社会福祉法人、NPO法人、農業生産法人)の活動事例を紹介する。
 障がい者が参画し、事業として成り立つユニバーサル就農を高知県でどのように進めるべきかについて、関係機関(行政・福祉施設・企業・学校等)の連携のあり方をいくつか提案したい。


講師プロフィール


宮崎大学教育学部人文社会課程卒業(1994)
広島大学大学院社会科学研究科博士課程前期マネジメント専攻修了(2005)
広島大学大学院社会科学研究科博士課程後期マネジメント専攻修了(2012)

広島県社会福祉協議会主事(1994〜2005)
聖隷クリストファー大学社会福祉学部助手(2005〜)
聖隷クリストファー大学社会福祉学部助教(2007〜2011)
高知県立大学社会福祉学部講師(2011〜現在に至る)

<研究テーマ>
福祉マネジメント、障がい者雇用


定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


申し込み締め切り


平成28年5月30日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。

第3回シーズ・研究内容紹介 チラシ(PDF:1.04MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP