高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成27年度 第10回経営者トーク「ジビエに見る食文化のイノベーション〜地域との連携を基軸とした新たなビジネスモデルを創出して、高知のジビエを世界へ発信〜」

HOME > 平成27年度 第10回経営者トーク「ジビエに見る食文化のイノベーション〜地域との連携を基軸とした新たなビジネスモデルを創出して、高知のジビエを世界へ発信〜」

更新日 : 2016/03/11
開催日 : 2016/03/23
時間 : 18:30-20:00
講師 : Nook’s Kitchen 西村 直子 氏
開催場所 : ココプラ


「経営者トーク」では、高知県内の経営者が講師となり、企業の強みやニーズの紹介、創業のノウハウ等を紹介します。参加者との意見交換や連携のアイデア出しを行い、企業間、企業と大学等との連携につなげていきます。
 原則、毎月第3金曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。
 ※3月の経営者トークは、日程を変更して、第4水曜日に開催いたします。


日時

平成28年3月23日(水)18:30-20:00


講師

Nook’s Kitchen(ヌックスキッチン) 西村 直子 氏
※第1回高知を盛り上げるビジネスプランコンテスト最優秀賞 受賞


タイトル

ジビエに見る食文化のイノベーション
〜地域との連携を基軸とした新たなビジネスモデルを創出して、高知のジビエを世界へ発信〜


詳細

「高知のシカ、イノシシ」は森の恵みであり、天然の資源として私たち県民の財産です。これらの資源を活用して、地域への波及効果をもたらす持続可能なジビエビジネスを創出するにはどうすれば良いか、これが日本へ帰国してから私のライフワークになりました。
「害獣対策としての商品化」といった国内におけるジビエに対する認識を転換させること。世界に流通する本場ヨーロッパのシカやイノシシ肉よりも日本の肉がもつ高い優位性を伝えること。商品開発や生産・流通・消費等の市場経済をシンプルにすることによって商品価値を高めることが大切だと過去7年間の取り組みから分かってきました。2014年高知市で始めたジビエ料理専門店が高知におけるジビエの発信基地となり、また、企業論理と顧客ニーズを融合させた新たな商品開発を行うことによって、「シカ、イノシシ肉本来の美味しさを味わえる基準店」を目指しています。
 時代を読みながら時代に合わせた「中山間地域の活性化」や「外国人観光客の誘致」、「自然環境教育」などの事業展開を進めていきたいと考えています。


講師プロフィール

高知県出身 高知工科大大学院起業家コース在学中。
ニュージーランド、オーストラリアタスマニア島にて、料理人や料理教室講師として12年間在住。2009年日本へ帰国し、「シカドッグ」の開発や「四国ジビエグルメフェスタ」を企画。2014年に高知市内にジビエ料理専門店「Nook’s kitchen(ヌックスキッチン)」をオープンし、地元をはじめ県内外からの予約客でにぎわっている。


定員

36名


場所

高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


申し込み締め切り

平成28年3月18日(金)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


備考

トーク終了後、有志で交流を深める場合もあります。会場は当日話し合いの上、決定します。


第10回経営者トーク チラシ(PDF:1.69MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP