Language

【参加者募集・3/19開催】高知版CCRCシンポジウム 〜「生涯活躍のまち」の実現に向けて〜

HOME > 【参加者募集・3/19開催】高知版CCRCシンポジウム 〜「生涯活躍のまち」の実現に向けて〜

更新日 : 2016/03/23
開催日 : 2016/03/19
開催場所 : 13:30-16:30 永国寺キャンパス 教育研究棟1階A105講義室


 CCRC(Continuing Care Retirement Community)とは、シニア世代の方々が移り住み、介護・医療が必要となっても、持続的なケアや生活支援サービス等を受けながら、生涯学習や社会活動等に参加するような共同体で、アメリカには、2,000以上あると言われています。
 高知県では、都市部にお住まいの健康でアクティブなシニア世代の方々に、本県に移住していただき、地域の方々とともに活動していただくため、高知版CCRCの実現を目指しています。
 この度、県民の皆さま、県内の企業や団体、市町村の皆さまにCCRCへの理解を深めていただくため、シンポジウムを開催いたします。
 高知の特色を活かしたCCRC、都市部の方が移り住みたいCCRCを一緒に考えていきましょう。


高知版CCRCシンポジウム 〜「生涯活躍のまち」の実現に向けて〜(3月19日開催)


■日時:2016年3月19日(土)13:30〜16:30

■場所:高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 教育研究棟1階 A105講義室

■主催:高知県

■シンポジウム企画運営:株式会社三菱総合研究所

■プログラム
13:30〜13:35 開会
13:35〜14:25 基調講演
        「楽しい老後で何が悪い」 小説家 楡 周平 氏
14:25〜14:40 高知版CCRCの概要について(高知県産学官民連携センター)
14:40〜14:50 休憩
14:50〜16:20 パネルディスカッション
16:20〜16:30 閉会

<パネルディスカッション>
○テーマ:「高知版CCRCの実現に向けて(仮題)」
    ・ 自己紹介、高知版CCRCへの期待
    ・ 移住者と地域との融合ポイント(受け入れる地元の心構え)
    ・高知版CCRC実現を阻む「壁」と解決策  等

○パネラー
・楡  周平 氏(小説家)
・受田 浩之 氏(高知大学 副学長、地域連携推進センター長)
・黒笹 慈幾 氏(南国生活技術研究所 代表)
・島村 実希 氏(NPO法人ミラツク COO)
・安岡 佳香 氏(高知県移住・交流コンシェルジュ)

※ファシリテーター:松田 智生 氏((株)三菱総合研究所プラチナ社会研究センター 主席研究員)

■入場無料


『高知版CCRCシンポジウム』チラシ(表)(PDF:1.06MB)

『高知版CCRCシンポジウム』チラシ(裏)(PDF:400KB)



定員

200名


申し込み

以下のURLよりお申し込みください。


締め切り 平成28年3月16日(水)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。