高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成27年度 第9回経営者トーク「ローカルメーカーが進むべき方向〜ひまわり乳業でしかできないこと、ひまわり乳業でしかやらないこと〜」

HOME > 平成27年度 第9回経営者トーク「ローカルメーカーが進むべき方向〜ひまわり乳業でしかできないこと、ひまわり乳業でしかやらないこと〜」

更新日 : 2016/02/09
開催日 : 2016/02/19
時間 : 18:30-20:00
講師 : ひまわり乳業株式会社 代表取締役社長 吉澤 文治郎 氏
開催場所 : ココプラ


「経営者トーク」では、高知県内の経営者が講師となり、企業の強みやニーズの紹介、創業のノウハウ等を紹介します。参加者との意見交換や連携のアイデア出しを行い、企業間、企業と大学等との連携につなげていきます。
 原則、毎月第3金曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時

平成28年2月19日(金)18:30-20:00


講師

ひまわり乳業株式会社 代表取締役 社長 吉澤 文治郎 氏 

ひまわり乳業

タイトル

ローカルメーカーが進むべき方向〜ひまわり乳業でしかできないこと、ひまわり乳業でしかやらないこと〜


詳細

 牛乳業界は、人口減少と高齢化社会の中で、縮小するパイの奪い合いを演じてきました。牛乳はどんどんとコモディティ化(差別化が難しくなった)していき、価格競争は、激しくなるばかり。そんな中、大手乳業は、大きな資本を投じて機能性飲料の開発、広告宣伝を行い、生き残りを図っています。では、ローカル乳業メーカーは、どの方向に進めば良いのか。どうすれば生き残っていけるのか。その答えは、他社ができないこと、他社がやらないことの中にありました。他のどんな乳業メーカーよりも、地域や生産者に寄り添ったひまわり乳業であるからこそ、できること。それは、日本で唯一、搾乳日を表示した、搾乳してから日本一短い時間で店頭に並べられる牛乳であったり、大豊町の農家さんに農薬不使用で栽培して頂いた野菜だけを使った、宅配に特化したビン入り青汁であったり。
 人口減少社会やTPPに負けないための、ひまわり乳業でしかできないこと、ひまわり乳業でしかやらないことを、ご紹介させて頂きます。


講師プロフィール

高知県高知市出身
早稲田大学商学部卒。
大学卒業後、岡山大学農学部研究生として乳製品開発を学んだ後、ひまわり乳業株式会社入社。
1991年、取締役企画室長に就任。
常務取締役、専務取締役を経て、2005年より現職。


定員

36名


場所

高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


申し込み締め切り

平成28年2月12日(金)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


備考

トーク終了後、有志で交流を深める場合もあります。会場は当日話し合いの上、決定します。


第9回経営者トーク チラシ(PDF:627KB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP