高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成27年度 第19回シーズ・研究内容紹介「高知県産品の機能性解明に向けた取り組み」

HOME > 平成27年度 第19回シーズ・研究内容紹介「高知県産品の機能性解明に向けた取り組み」

更新日 : 2015/11/18
開催日 : 2015/12/02
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知大学 島村 智子 准教授
開催場所 : ココプラ


「シーズ・研究内容紹介」では、県内の大学等が持ち回りでシーズ・研究内容を紹介します。教員のシーズや研究内容をテーマに参加者と意見交換や連携のアイデア出しを行い、大学等同士、企業と大学等の連携につなげていきます。
 毎週、水曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時

平成27年12月2日(水)18:30-20:00


講師

高知大学 教育研究部 総合科学系 生命環境医学部門 准教授 島村智子 氏


テーマ

高知県産品の機能性解明に向けた取り組み


テーマの詳細

 従来の特定保健用食品、栄養機能食品に加え、2015年4月より食品の新たな機能性表示制度がスタートしました。これにより、食品の機能性に関する関心は高まる傾向にあります。一方で、高知県は豊かな自然に恵まれているだけでなく、多彩な食材にも恵まれています。しかしながら、身近な食材であるがゆえに、その機能性については見落としがちです。今回は、高知県が高いシェアを誇るニラ、ショウガ、トマト等の機能性の解明にむけた取り組みについて紹介します。

(補足)
 島村先生が研究されている機能性の一部は以下のとおりです。
 ニラ  ・・・ 抗ピロリ菌活性
 ショウガ・・・ 抗酸化活性、抗ピロリ菌活性、体温上昇効果
 トマト ・・・ 抗酸化活性、糖尿病予防効果


定員

36名


申し込み締め切り

平成27年11月30日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。

PAGE TOP