高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成27年度 第6回経営者トーク「老舗火薬店の100年続く事業と新ビジネスへのチャレンジ〜近くて見応え満点、安全でしかも安い“地域密着型“花火のさらなる可能性〜」

HOME > 平成27年度 第6回経営者トーク「老舗火薬店の100年続く事業と新ビジネスへのチャレンジ〜近くて見応え満点、安全でしかも安い“地域密着型“花火のさらなる可能性〜」

更新日 : 2015/10/23
開催日 : 2015/10/23
時間 : 18:30-20:00
講師 : 有限会社高村火薬店 取締役営業部長 高村 俊寛 氏
開催場所 : ココプラ


「経営者トーク」では、高知県内の経営者が講師となり、企業の強みやニーズの紹介、創業のノウハウ等を紹介します。参加者との意見交換や連携のアイデア出しを行い、企業間、企業と大学等との連携につなげていきます。
 原則、毎月第3金曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。
 ※10月の経営者トークは、日程を1週間延期して、第4金曜日に開催いたします。


日時

平成27年10月23日(金)18:30-20:00


講師

有限会社高村火薬店 取締役営業部長 高村 俊寛 氏

講師写真

タイトル

老舗火薬店の100年続く事業と新ビジネスへのチャレンジ
〜近くて見応え満点、安全でしかも安い“地域密着型“花火のさらなる可能性〜


詳細

創業100年を超える家族経営会社が、事業継承の節目を迎え、新しいビジネスチャンスに取り組んだ事例を、次世代経営者の視点からご紹介します。
近年の花火は、恒例の夏祭りから地域のイベント、大学祭、結婚式といった小さな単位に広がりを見せており、新しいビジネスに繋がるアイデアについてもお話できればと思います。


講師プロフィール

1979年高知生まれ。
2006年、東京の大学を卒業した後、高知県四万十市の会社に就職。
当時、高知自動車道の延伸が決まり、トンネル工事等に使用される火薬の手配に奔走する父親を見て、仕事を少しでも助けたい、家業を守りたいという思いが強まり、2007年に有限会社高村火薬店へ入社。
2013年、音楽のリズムに合わせてレーザー光線と花火で夜空を彩る「ミュージック花火」を高知市で初めて実施。
同年、高知県で唯一の花火観賞士の資格を取得。
花火の新しい見せ方と見方、両方を追求中。
同社五代目襲名予定。


会社概要

有限会社 高村火薬店
所在地|高知市大津
創業|明治31年(1898年)
事業内容|ダイナマイトなどの産業火薬の販売・搬送、銃砲の販売やメンテナンス、花火の打ち上げ等
300〜500発の花火大会を最も得意とする。毎年夏、ピークのお盆には一日2〜3か所で花火を打ち上げる。
田畑の畦道などの細く狭い場所からでも打ち上げが可能な、通称「高村式」花火が大きな特徴。
2015年度花火打ち上げ実績(一部)|8/13 四万十町志和・志和夏祭り、8/15 香美市・佐岡夏祭り、8/29 奈半利町・ヘルシーケアなはり納涼祭、10/10 高知大学医学部大学祭 他


定員

36名


申し込み締め切り

平成27年10月22日(木)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


備考

トーク終了後、有志で交流を深める場合もあります。会場は当日話し合いの上、決定します。


PAGE TOP