高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成27年度 第2回高知家フューチャーセミナー「イノベーションを牽引できる人になる」

HOME > 平成27年度 第2回高知家フューチャーセミナー「イノベーションを牽引できる人になる」

更新日 : 2015/09/07
開催日 : 2015/09/03
時間 : 15:00-16:30
講師 : 東京農工大学 副学長 千葉 一裕 氏
開催場所 : 永国寺キャンパス 教育研究棟1階 A101講義室


■高知家フューチャーセミナー
 人口減少、少子高齢化等、今後の日本が直面する課題が全国に先行して進行する高知県においては、県をあげてこの課題への対応を進めています。この広範囲に及ぶ取組の参考とするため、各界の有識者を講師にお招きし、これからの地方、日本、そして世界が向かう方向や将来の姿、さらには期待される政策やテクノロジー等について、見識を深める機会を提供するものです。
 全5回程度シリーズで開催予定。すべて参加費無料。


第2回高知家フューチャーセミナー

●日 時:平成27年9月3日(木)15:00 - 16:30

●場 所:永国寺キャンパス 教育研究棟1階 A101講義室(高知市永国寺町2-22)
※来場には、公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。

●テーマ:イノベーションを牽引できる人になる

●テーマ概要:
「イノベーション」は、特別な人たちによって成し遂げられるものと考えられやすい。しかし、実はイノベーションを目指す活動とはもっと身近なものであり、すべての人にその主役としてのチャンスがある。これまでにない新しい価値を創り出し、多くの人たちの理解を得て行く過程こそが最も重要な部分あり、これを意欲的に、勇気をもって、わかりやすい言葉で広めることがイノベーション牽引の本質といえよう。これまでの自分自身のものの考え方や社会現象の捉え方を振り返り、今までと少しだけ違う視点でものごとをとらえ始めたとき、新たな事業の創出や地域の活性化など、人々の役に立つイノベーションへとつながっていく。
 本講演では、演者のこれまでの経験や知見を踏まえ、これからの社会に必要となる「イノベーションを牽引する人」になるための、大切な心構えと実現の方策について解説する。


●講 師:東京農工大学 副学長(イノベーション推進担当)・農学博士
     千葉 一裕(ちば かずひろ)氏

講師写真

■講演者略歴

東京農工大学 副学長(イノベーション推進担当)
大学院農学研究院 副院長、教授 (生物有機化学研究室)
イノベーション推進機構 機構長
教育研究評議員
農学博士

【専門分野】
生物有機化学、有機電気化学、有機合成化学 (天然有機化合物の化学合成、合成反応メディアの探索、ペプチド関連物質の化学合成など)

【学歴】
昭和56年 3月 東京農工大学農学部農芸化学科卒業
昭和58年 3月 同大学院農学研究科農芸化学専攻修了
平成 3年 3月 農学博士(東京農工大学)

【職歴】
昭和58年 4月 キユーピー株式会社(研究所研究員)
平成 2年 4月 東京農工大学農学部農芸化学科・助手
平成 6年 4月 同 講師
平成 8年 4月 同 助教授
平成11年 7月 文部省在外研究員(Washington Univ. in St. Louis, Dept. of Chemistry, USA)(平成12年4月まで)
平成16年12月 東京農工大学大学院連合農学研究科・教授
        同 研究科副科長、同 研究科長補佐
平成20年 4月 産官学連携・知的財産センター長(兼務)
        教育研究評議員、大学戦略本部長補佐
平成22年 4月 学長補佐(イノベーション担当)
        イノベーション推進機構長(兼務)
平成23年10月 東京農工大学大学院農学研究院・教授
平成24年 4月 同 副院長、教育研究評議員
平成26年 4月 東京農工大学 副学長 (現在に至る)

●参加費:無料


申し込み

申込締切:平成27年8月31日(月)
以下「お申し込みはこちら」よりお申し込みください。


PAGE TOP