高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成27年度 第6回シーズ・研究内容紹介「環境浄化用高性能鉄吸着材の開発と応用に関する研究」

HOME > 平成27年度 第6回シーズ・研究内容紹介「環境浄化用高性能鉄吸着材の開発と応用に関する研究」

更新日 : 2015/06/25
開催日 : 2015/07/01
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知大学 康 峪梅 教授
開催場所 : ココプラ


「シーズ・研究内容紹介」では、県内の大学等が持ち回りでシーズ・研究内容を紹介します。教員のシーズや研究内容をテーマに参加者と意見交換や連携のアイデア出しを行い、大学等同士、企業と大学等の連携につなげていきます。
 毎週、水曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時

7月1日(水)18:30-20:00


講師

高知大学 教育研究部総合科学系生命環境医学部門
教授 康 峪梅(かん ゆうめい) 氏


テーマ

環境浄化用高性能鉄吸着材の開発と応用に関する研究


テーマの詳細

 ヒ素やPM2.5などの環境汚染は、人体に深刻な健康被害をもたらす場合が多く、これら有害物質を除去する技術の開発は極めて重要です。
 今回の「第6回シーズ・研究内容紹介」では、環境浄化用高性能鉄吸着材である非晶質鉄水酸化物の合成方法や特性、及び応用研究事例について紹介します。
 本吸着材は、従来の技術と比べて、汚染土壌や水からセレン、ヒ素などの有害物質を効率良く除去することができます。2010年にカンボジアで行った実験では、地下水のヒ素汚染で苦しんでいる人々に安全な水を提供できることを実証しました。
 また、PM2.5に多く含まれる大気汚染物質の除去にもきわめて有効で、喘息やアレルギーの予防、症状の低減につながると期待されています。
 現在は企業と空気清浄機フィルターの共同開発を行っています。本吸着材は、エアコンフィルター、自動車用キャビンフィルター、ビル空調フィルターなどに利用可能で、それ以外の幅広い利用方法についても、皆さんとお話ができればと思っています。

※康教授は、同テーマにて、平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞されています。


定員

36名


申し込み締め切り

平成27年6月29日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。

PAGE TOP