高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成27年度 第1回シーズ・研究内容紹介「集落活動センターを中心とした「小さな拠点づくり」を考える」

HOME > 平成27年度 第1回シーズ・研究内容紹介「集落活動センターを中心とした「小さな拠点づくり」を考える」

更新日 : 2015/05/01
開催日 : 2015/05/20
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知大学 玉里 恵美子 教授
開催場所 : ココプラ


「シーズ・研究内容紹介」では、県内の大学等が持ち回りでシーズ・研究内容を紹介します。教員のシーズや研究内容をテーマに参加者と意見交換や連携のアイデア出しを行い、大学等同士、企業と大学等の連携につなげていきます。
 毎週、水曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時

平成27年5月20日(水)18:30-20:00


講師

玉里先生

高知大学 地域協働学部 教授 玉里 恵美子 氏


テーマ

集落活動センターを中心とした「小さな拠点づくり」を考える


テーマの詳細

 高知大学では平成25年度「地(知)の拠点整備事業」が採択され、全学的に教育と研究の「地域志向」が推し進められている。教育においては、共通教育・学部専門教育ともにフィールド教育科目の新設や転換が図られるとともに、高知大学では38年ぶりの新学部である地域協働学部が開設された。また、研究においては、地域や企業の課題解決に取り組む研究への経費支援が行われている。
 今回の「第1回シーズ・研究内容紹介」では、平成26年度「高知大学地域志向研究」に採択された「集落活動センターにかかわる協働モデルとプラットフォームの構築」(代表:玉里)を通じて得られた研究成果をもとに、高知県が全国に先駆けて取り組んでいる「集落活動センター」について紹介し、その課題を明らかにするとともに、集落活動センターの成立条件にもふれていく。また、「郡部」の課題に「市部」が今後どのように関わっていくことができるのか、参加者とともに考えていく。


定員

36名


申し込み締め切り

平成27年5月18日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。


PAGE TOP