高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成30年度第3回シーズ・研究内容紹介「高知県工業技術センターの取り組み」

HOME > 平成30年度第3回シーズ・研究内容紹介「高知県工業技術センターの取り組み」

更新日 : 2018/06/07
開催日 : 2018/06/06
時間 : 18:30-20:00
講師 : 高知県工業技術センター
開催場所 : ココプラ


第3回シーズ・研究内容紹介TOP画像

高知県 産学官民連携センター ココプラ で開催する「シーズ・研究内容紹介」では、高知県内5つの高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知学園短期大学、高知工業高等専門学校)、公設試験研究機関等が持ち回りで、研究内容や取組等を紹介します。原則、隔週 水曜日 開催(原則18:30-20:00開催)。申込〆切は開催2日前の月曜日。定員36名(無料)。どなたでも参加可能です。                           新しいビジネスの種(シーズ)や、研究機関との交流の機会をお探しの企業の皆さま、ぜひこの機会にご参加ください。

今後の開催予定日・講師・テーマはこちら(PDF:355KB)


日時


平成30年6月6日(水)18:30-20:00(PM6:30-PM8:00)


講師とテーマ


テーマ【1】RoHS2試験対応で県内企業の海外展開を支援する
〜電気・電子機器の海外輸出に必要な「有害物質検査」を知っておこう!〜

講師:高知県工業技術センター 資源環境課 主任研究員 岡崎 由佳 氏
(※講師氏名の漢字「崎」について、正しくは”やまへん”に”立”に”可”の”さき”)

テーマ概要:

海外輸出する際に求められる試験について、最新の状況をご説明します。

テーマ詳細:

プラスチック製品に含まれる有害物質が大きな社会問題となったことをきっかけに、2003年に欧州連合(EU)でカドミウム等の特定有害物質の使用制限に係るRoHS指令が交付されました。それに伴い、県内企業から特定有害物質の分析依頼の要望が増え、迅速な対応が求められました。さらに、2006年の施行以後、国際的な認証を受けた信頼性のある機関での試験が加えて求められています。
工業技術センターでは、これらの動きにいち早く取り組み、2010年にISO/IEC17025に基づく試験所認定を取得しました。また、2015年には新たに4種の禁止物質が追加されましたが、これにも本年度より対応しております。
本講演では、RoHS指令の対象となる製品にはどんなものがあるか、自社製品が対象となった場合にはどのような手続きが必要かなど、海外展開をお考えの企業様の参考になる情報をご提供します。

こんな方にオススメ  ▶ 電気・電子機器及びそれらに搭載される部材を製造している企業の皆さま

 

テーマ【2】感性評価機器を用いたおいしさの数値化
〜新商品開発のヒント満載!?味や香りを可視化する機器の活用方法!〜

講師:高知県工業技術センター 食品開発課 研究員 下藤 悟 氏

テーマ概要:

食品の味・香り・色などを数値化・可視化できる機器の可能性を一緒に模索したいと考えています。

テーマ詳細:

高知県工業技術センターに味認識装置と多感覚器分析システムといった感性評価機器が導入されました。それによって、味、におい、色を数値化することが可能となりました。
県内外の食品加工事業者においても、感性評価機器で測定したデータを実際の商品開発、販促にむけた資料作りに活用する事例が増えてきていますが、特徴をどう数値化すればいいのかわからない、分析依頼したもののデータを販売や開発にどう活用していいかわからないといった悩みも多いのが現状です。当センターでは、昨年末より基礎データとして、ぽん酢、ショウガ、トマトといった食品のデータを収集してきました。そして、これらのデータの解析事例を味の数値化分科会を通して情報発信しています。今回はその内容を一部ご紹介します。

こんな方にオススメ  ▶ 市場ニーズを踏まえた商品開発をしたい食品関連企業の皆さま(食品製造業・酒造メーカー様など)

 

テーマ【3】3Dプリンタであなたのアイディアを形に!
〜高性能3Dプリンタで実現する、試作開発プロセスの効率化!〜

講師:高知県工業技術センター 生産技術課 主任研究員 毛利 謙作 氏

テーマ概要:

昨年導入した3Dプリンタについて、その特長、実際に運用して得られたノウハウ、製品開発事例等をご紹介します。

テーマ詳細:

独自の機械装置を開発するには、アイディアをいち早く形にし、評価、改良を重ねることが必要です。その際、数時間〜一晩で部品が試作できる「3Dプリンタ」が力になります。
昨年工業技術センターに導入したインクジェット方式の3Dプリンタについて、その特長、実際運用して得られたノウハウ、製品開発事例等を紹介いたします。また、今年度から取り組み始めた研究課題「3Dプリンタを活用した土木機械の開発プロセス研究」についても、その概要を説明いたします。

こんな方にオススメ  ▶機械製造業者、試作開発やデザインに携わる企業の皆さま



定員


36名

場所


高知県産学官民連携センター ココプラ

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)

ココプラ地図

● 会場併設の駐車場(無料)をご利用いただけますが、数に限りがあります。
● 周辺に有料の駐車場もございますが、来場に際しては、公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。


申し込み締め切り


平成30年6月4日(月)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。
※シーズ・研究内容紹介の申し込み締め切りは、開催2日前の月曜日です。


第3回シーズ・研究内容紹介チラシ(PDF:508KB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP